【報告】手話ろう!!ろうLGBT

ろうLGBT分科会では参加者56名のうち、ろう者の参加が36名。

遠いところで北海道/福岡/仙台/石川/広島からの参加。3分の2以上がろうLGBTの参加者で、当事者のリアルな声/意見/願いが6名の手話通訳者体制の中、手話で充分に議論することができた。
二つのテーマA「親や身近な人たちへのカミングアウト」、B「ろう社会に伝えたいこと(メッセージ)」を提案、6つのグループでグループワークを実施、その後それぞれのグループのまとめ役が発表という流れで進行した。

<まとめ>
A「親や身近な人たちへのカミングアウト」
聴者と同じような問題/不安を抱えており、カミングアウトのタイミングや経験、自身のセクシャリティについて、などが多く取り上げられた。

B「ろう社会に伝えたいこと」
・ろうの世界はすごく狭いから気軽に恋愛しにくい→アウティングの問題
・医療関係で手話通訳を依頼しても、理解が足りず通じなかった
・全国手話通訳問題研究会にもLGBT勉強会を企画してほしい
・侮蔑的な手話表現がなかなか無くならない!
・ろうLGBTとしてLGBT勉強会に参加したい時、どの通訳者に頼めばいいのか分からない
・ろうLGBTのための相談場所がほしい
・ろう学校にもLGBT教育を取り入れてほしい

今後の取組みとして三点のことが考えられる。
1.日本ろうあ連盟や全国手話通訳問題研究会にもろうLGBTの存在を知ってもらい、地元手話サークルにも手話表現を含めた連続的な勉強会を設けてほしい
2.全国手話研修センター発行の「あたらしい手話」の中にもLGBT手話表現について取り組んでほしい
3.ろうLGBTのための情報提供ネットワーク(ネット/冊子など)、相談場所の設置

主催者として思うこと、これまで数多く行われてきたLGBT大会の中で初めてろうLGBTの分科会が設定され、大会全体に手話通訳者が用意された。これはきわめて歴史的な出来事である。
また、ろうLGBT分科会の中でもこのような集まりは初めてだという声が出ていた。初めてのことで、とにかく同じ仲間達と会えた喜びが大きく、いくつかの積極的な方針を見いだすことができた。今後のそれぞれの展開に期待したい。

(山本芙由美)


【参加者アンケートから】

●人それぞれの考え、本音も知って勉強になりました。部屋で話し合うより、例えば、体育館みたいに、説明・意見は一番前の所にいて、話を聞く人は後ろで座って、そういう風みたいなのが伝わり易いんではないかと思う。
●ろうLGBTの人たちとの交流、情報交換が出来て良かった。そうLGBTの人たちの参加が多くてビックリしましたが嬉しかった。この大会には初参加で、話を聞けてよかった。手話通訳とノートテイクが付けてとてもよかった。
●全国から来たろう者と一緒に話し合って楽しかった。「ろうLGBT」についての勉強を学びました。来年も、「手話ろう!ろうLGBT」の分科会を出した方がいいと思う。
●色んな人との会話(LGBT、ノンケ含む)、悩みを出し合う、交流…自然な感じで楽しめた。ろうLGBT専門家になる為の何かの資格をとりたい!ろうLGBT活動に関わっていきたい!その情報をたくさん知りたい、集めたい!
●グループで話し合うことで色々とためになった。ろうLGBT全国大会があればいいなと思います。また、ろうに関する本も配布して欲しい。
●様々な人達の考えていること、感じていることなどを聞くことができて、良かったと思います。LGBTの葛藤をどう乗り越えたか、またどう乗り越えると良いかを知りたい。
●大変良かったです。こういう場所を増やしていけば、ろうLGBTの人々の結束も強まるかと思います。手話通訳として、ろう学校教員として応援します。
●ろう者でLGBTの人は少ないと勝手に思っていたが、意外と多くて驚いた。ダブルマイノリティで、LGBT聴者以上に大変なことがあることが分かった。まず、ろう者のおかれている現状を知らないといけないと思った。
●とても画期的な企画で、大変良かったです。(参加者が多過ぎて、部屋が狭く、暑い!!…という点は別にして)できれば、今後とも継続的に進めてもらえればと思います。今回のような、ろう対象の講座、イベントを、府県レベルでは困難だろうけど、地方(関東とか九州とか…)レベルでもできたら…と思います。又、ろう者に限らず、社会的少数派の中の(更なる少数派としての)LGBTの課題を取り上げていければ…と思っています。
●ろう、手話関係者が集まれるイベントを希望します。
●初めて参加しましたが、自分が知らなかった事を知る事ができてよかった。ろう者なので、耳に入らない分、新しい情報を得る事ができた。又、その情報を知人に教えたいと思う。ろう者も参加し易くなるように、情報保障があったら非常に助かります。
●ろうLGBT、建聴LGBTと色々あるけど、みんな人として自分の人生を生きれたら良い世界になると思いました。手話という言語も、人としてこうありたいという思いが言葉に現われているので、手話の普及、情報の普及を進めていかねばと思います。今度はもっと広い部屋、会場を借りれたらいいかも。予想以上にこの大会を望んでいる方は多いと思います。また、手話の分科会でも健聴者も巻き込んでやれれば、差別的な手話(ジェスチャー)も減ると思う。
●楽しめた!色々な考え方、意見、etc、聞いて良かった!今後とも続けてほしい。
●たくさんの人たちが集まって話をしたことはすばらしい!本当に何もないところから作って頂きありがとうございます。次回も楽しみにしてます。
●知人に誘われ、全国大会に参加しましたが、そういう講義は初めてです。
ろうLGBTに参加してよかったです。関東でもやって欲しいなーと。セクシュアルマイノリティの関わりで偏見もなく、スポーツや飲み会でも広めてくれたらいいなーと思いました。関東もやって欲しい!(笑)全コンみたいにww
●もっと話してみたかった。発表することに気をとられ自由に話せなかったところがある。意見交換で刺激をもらえた。良い雰囲気だったが暑かった。ぎゅうぎゅうなイメージ。もう少し広い部屋でも良かった!?
●手話について分からない事が多かったですが、通訳の人が分かり易く教えてくれたので良かったです。僕も自分で手話をできるように勉強していきたいです。
●色々な人の意見も聞けて参考になった。
●グループ研修が良かった。告白ができた。
●色んなことを聞けて大変勉強になりました。聞いたことない言葉もあり、参考になります。色んな地方の方がいらっしゃって、こういう考え方もあり、刺激となりました。健聴者の声も知りたい!!
●ろう者の方の考えている事を知ることができてよかった。テーマが沢山あって、参加できる分科会が絞り辛かった。沢山の人が参加されていてよかった。理解を深めることができた。知り合いに会えた。
●こんなに、こーんなに沢山のろうLGBTと会った事ないです!ある意味カーニバル状態!二時間じゃ足りませんw来年も絶対!!
●ろう者、LGBTの人々の抱える生の声が聞けてとても勉強になった。スタッフのろう者に対する理解が足りないところと、通訳の漏れが気になりましたが、分科会だけ出なく、交流会にもサポートが入ったりしていたのでよかったと思います。LGBTのろう者がきっと他にもたくさんいると思うので、全国で開催いただけたらと思います。
●こういう場に参加したこと自体が初めてだったので、まず新鮮。健聴なのですが、通訳してくださったのでなんとかついていけた…かな?ろうにもLGBT(これは当事者)にも興味があったので、ここがクロスする貴重な機会でした。
●手話ろう!分科会、みんな盛り上がって楽しかったです。時間もあっという間に過ぎてしまった…短すぎるー。部屋狭いので、広い部屋でもよかったんじゃないかなぁと思いました。暑かったし~。

 ・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中