【報告】LGBT研修から見えてきたこと

10月12日の分科会『LGBT研修から見えてきたもの』にて、日ごろ我々の行っている、教育機関での授業・教職員研修の様子について報告をさせていただきました。当日は、LGBTについての話を聞くのが初めてだという方から、当事者団体や学校教職員の方まで、たくさんの方々がご参加下さいました。

まずは、私たちの普段行っている講演・研修がどのようなものであるかをお伝えするために、簡略化したミニ講演を行いました。多様な性を考える上での4つの指標(身体の性・心の性・社会的な性・性指向)についての説明の後は、3人のスピーカーから自身の性に対する揺らぎや、学校や家庭での体験談をお話させてもらいました。
その後は、今までの参加者の反応やアンケート結果を踏まえつつ、スピーカー活動を通して私たちが感じていることを、フリートーク形式で報告。多様な性についての授業を受けた子どもたちの反応、教育現場にいる教職員方々の姿勢や熱心な先生方の存在について、また今後の課題として感じていること(先生方の問題意識の高くない現場では、研修の機会を得ることが困難であることなど)についてお話させていただきました。
後半はケーススタディを行いました。これは普段の講演でも取り入れているもので、当事者が日常においてしんどいと感じる会話パターンを用意し、それに沿ったロールプレイをしながら、自身が当事者だったらどう振る舞うか、またどのように会話の流れや言葉を変えれば、当事者にとって居心地の悪くない展開になるかを、参加者に考えてもらうことを目的としています。短い時間となってしまったのですが、参加者の皆さんが活発に意見をくれたため、有意義なものとなりました。

質疑応答も多くの質問を頂いたにも関わらず、駆け足での回答となってしまったのが心残りです。また、実際に教育現場やその他の場所で、ジェンダーやセクシャリティに関する問題に関する活動をされている参加者の方もいらっしゃったため、もう少し具体的な施策や事例などを掘り下げてお伝えできればよかったと感じています。
アンケートでは、わかりやすく興味深い内容だったとの声が多く、また分科会終了後にもたくさんの方にお声かけ頂いて貴重なつながりを得ることもでき、これから活動を続けていく上での大きな励みとなりました。この分科会を通してスピーカー自身の講演活動に対する意識を振り返り、そして頂いたご意見を取り入れることで、講演・研修の内容をさらに充実したものとしていくことができるのではないかと考えております。

———————————-

【ケーススタディ】:「当事者はこんな場面がしんどい」

☆Dさんはセクシャルマイノリティ当事者です。
①自分がDさんだったら、どのように返すでしょうか。
②B・Cさんの対応をどう変えたら、当事者であるDさんは心がほっとするでしょうか。

■[パターン1]職場の飲み会で
A「わたし彼氏できたんですよ」
B「やったじゃん!そろそろ結婚相手は捕まえとかないとね」
C「Dさんは彼氏(彼女)とかいないんですか?いい加減やばいですよ」
D「・・・・・・・」

■[パターン2]友人間の会話で
A「EとFっていつも一緒にいるよね」
B「あれだけ仲良いとちょっと気持ち悪いよね」
C「レズなんじゃないの」
D「・・・・・・・」

■[パターン3]家族でTVを見ていて
A「わたしおネエ系とかああいうの無理だわ」
B「Dってそっち系に走りそうだよね」
C「頼むから、お前は普通に育ってくれよ」
D「・・・・・・・」

———————————-

【参加者アンケートから】

●「若者が語るLGBT研修から見えてきたこと」の分科会に参加しました。DVDを何回も見ました。でも直接お話しを聞いて分かり易かったです。今日の講演のイメージを持ち帰り、授業を作りたいと思って居ます。ありがとうございました。

●当事者なので、講演の内容などよりは、具体的に研修をやっていて感じたことや今後の活動の方向性や課題を中心にききたかったです。個人でやっていらっしゃるのがおもしろいなと思いました。

●研修や講演をして感じたことや、日頃の出来事などで感じたことを自然な語り口調で話されていて心地良い分科会でした。ありがとうございました。

●簡単なワークショップがあり、少しその人の気持ちになれた気がして良かった。ワークショップの話し合いがもう少し時間があったらよかった。

●難しい内容だったりとか、知っていたけど、再確認できた話があってとてもいい勉強になりました。

●充実!非常に丁寧だった。本人がopenにしているのを知りつつですが、堂々とされていました。またぜひ依頼をしたいです。

●私は教育大学に通っています。友人の中にセクシュアリティのことで悩む友人が3人ほどいます。教師になる学生の発言がひどすぎる、意識が低すぎるよ…と思うことが多々あります。でも今日、この分科会に参加して、意識の高い教員もけっこういることや、講師のみなさんのように頑張ってみえる方の生の声をきいて、勇気がでました!私も頑張っていきたいです。

●学校や教育委員会から依頼があって講演をしてるっていうのがまず驚きでした。自分が学校に行っている頃は、活動にふれる機会は全くなかったので。

●実際に、講演で行っている内容を体験できてうれしかったです。とても勉強になりました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中