手話通訳が常駐しています!

もう大会まで一週間になりました!あと少しで本番です、すごく時間が早いです!

当日の情報保障を担当している新設Cチーム企画から、レポートが届きましたのでご紹介します!

・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大会実行委員会・情報保障係りの新設Cチーム企画です。
今回の大会は、ろうの方が普通に参加できるように、すべての分科会に手話通訳またはパソコンテイクを用意しています。「多目的室」で行われる分科会はパソコンテイクと手話通訳が付いています。その他の会議室の分科会は手話通訳のみで、パソコンテイクはついていません。

パソコンテイク・手話通訳などの情報保障ボランティアは約30人。東京や栃木、名古屋からもはるばる参加してくれます!また、分科会の主催者の方にご協力いただき、事前に当日の資料などを早めに提出いただきました。そして、それを情報保障ボランティアに渡して、内容や流れの把握、専門用語の手話表現などの確認を行ってもらっています。
当日資料がない分科会もありますので、すべて準備万端というわけにはいきませんが、できる範囲で準備を進めております。

今日は、手話通訳の腕章ができあがりました!すてききな仕上がりに感動!
何かありましたら、休憩中やロビーなどでも待機している、この黄色い腕章のボランティアに手話コミュニケーションを気軽に依頼してください!
ろうの方にも、手話がわからない聴者にも、情報保障ボランティアはとても必要な存在だと思います。

新設Cチーム企画

腕章

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

腕章、とってもかっこいいですね!

全国大会には分科会だけでなく、常時手話通訳担当のボランティアが滞在しています。是非お気軽にお声掛けください!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中